無職でキャッシングを利用するためには

ilm01_ab04025-sお金が必要だけれど「無職のためキャッシングを断られた・・」という経験のある方も多いかもしれません。

確かに現在はキャッシングの審査が厳しくなっており、単純に職業欄を無職としてしまうと、大半のキャッシング会社が融資を断ってしまいます。

しかし、ちょっとした工夫をすることで、キャッシングを利用できる可能性がありますので、以下で確認していきましょう。

 

1.パート・アルバイトは職業

 

キャッシングの個人情報を入力する際に「パート・アルバイトは職業じゃないから書けない・・」と考えている方もいるようですが、これは全くの間違いです。

キャッシング会社はパート・アルバイトであっても十分、職業とみなしてくれるため、バイトとして働いている方は無職ではなくしっかりパート・アルバイトと入力しましょう。

 

2.雑所得なら自営業者でOK

 

外で働いてはいないけれど、自宅でオークションの転売や投資、ネットショップ運営などを行ってある程度の稼ぎがあるという方は、自営業者として申告して問題ありません。

連絡先は自宅や携帯電話に設定しておけば、そこに確認の電話を掛けてくるだけですので、在籍確認で苦労する心配もありません。

 

3.派遣社員に登録してみる

 

自宅にいながらかつお金も全く稼いでいないという方は、派遣社員に登録してみることがオススメです。

派遣社員として派遣会社に登録されれば、その時点で無職ではなく派遣社員という肩書をゲットできますので、審査に通る確率は高くなります。