専業主婦がお金を借りるには

仕事を持たない専業主婦でもお金を借りることは可能です。2010年に貸金業法で完全施行された総量規制の規定によって、消費者金融系のカードローンなどでは年収の3分の1を超える借入ができなくなりました。収入のない専業主婦は消費者金融からはお金を借入れる事ができません。

 

しかし、貸金業法の管理下にない銀行系のローンならば総量規制の対象外となりますので、専業主婦でも借入ができる場合があります。各金融機関によって条件は異なりますが、配偶者、つまりご主人に安定した収入があれば借入ができるとしている金融機関は結構多いものです。

 

専業主婦がお金を借りるにはいくつか注意しておきたい点があります。本人に収入がありませんので、できる限り低金利の商品を選びたいですし、返済にかかる各手数料にもお金をかけたくありません。

 

そこで、お勧めなのがネット銀行のカードローンです。ネット銀行ならば、家にいながら申し込みから借入や返済まで全ての手続きを完結させる事ができます。また、一般銀行と比較して金利が低めに設定されているのも大変魅力的です。ただし、カードローンは限度額までなら何度でも借入ができるため、お金を借入する習慣がついてしまわないようにすることが大切です。そういった点から考えるとフリーローンでの借入も検討してみると良いかもしれません。

 

審査に1週間程度の時間がかかるはデメリットですが、審査自体はカードローンの審査より緩やかだと言われます。また、融資は最初の1度限りであとは毎月返済していくだけですので、カードローンの様に手軽に借金を繰り返したくないという方にはおすすめです。
専業主婦だからこそ、お金に関してはしっかりとしていたいものです。決して無理のない様に借入、返済をしましょう。