審査に通過するための押さえておきたいポイント

キャッシングにもうしこんだけれど審査に通らず、あきらめていませんか。1社の審査に通らなくても、他の消費者金融や銀行なら審査に通る可能性があります。
審査を通過するためには審査項目をクリアしなければなりません。では、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。
キャッシングは信頼が大切です。あなたも信頼できない人にお金を貸したくないですよね。消費者金融も金融機関も、信用できない人にはお金を貸しません。
では、信頼できるか何で判断しているかというと、年収や過去の支払い歴です。

 

年収が200万円以上あると審査に通りやすくなります。年収が200万円以下の場合は、借入限度額を低めに設定しましょう。そもそも、総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れはできません。年収200万円以下の場合は、借入限度額を30万円以下にしないと審査を通過するのは難しいです。借入限度額を10万円以下にすれば、審査を通過する確率が高くなります。

 

フリーターやアルバイト、派遣社員は正社員に比べて審査に通りにくい傾向がありますが、安定した収入があれば審査を通過する可能性があります。ころころとアルバイト先を変えているようだと収入が安定せず、信頼が落ちてしまいます。安定した収入を得て信頼を得るとよいでしょう。

 

過去にクレジットカードの支払い遅延があると信頼が落ちてしまいます。たとえ年収が少なくても、遅延なく支払いし続けていれば信頼されます。
この他にも審査項目はありますが、これらは特に重要なことです。