質屋で現金化する際のメリットとデメリット

クレジットカードの利用枠の金額が多ければ多いほど、クレジットカードの現金化で多額の資金を借り入れることが可能です。
方法としては、最初にクレジットカードの利用枠が100万円残っていれば、百貨店に出向いて100万円以内で購入できるロレックスのデイトナの腕時計を買います。

もちろんクレジットカードで支払うのですが、支払い方法はできればボーナス一括払いとか、2回払いといった無利息の状態で支払い時期を延ばせる方法を用いるべきだと思います。お金に困っているのですから、わざわざ翌月の一括払いで購入する必要はありません。

 

そして、購入したロレックスのデイトナをそのまま質屋に持ち込みます。ロレックスのデイトナを質入れして、お金を融資してもらうのです。この方法は、質屋営業法という法律に基づいて行われる融資ですので、もちろん合法的な借金となります。ですから、安心して質屋さんからお金を借りることができます。

 

質屋からお金を借りる場合のデメリットは、消費者金融からお金を借りるよりも金利が高くなることです。消費者金融の場合は、1年間で18%の金利でお金を借りることになりますが、質屋からお金を借りる場合は、たいていの質屋の場合、貸出利息を毎月2%に設定しています。つまり、1年間で24%の金利となります。

 

ただし、質屋でお金を借りることのメリットは、お金を返済できないことを質屋に伝えれば、質屋はロレックスのデイトナを差し押さえて、所有権を質屋名義に変更するだけですので、質屋から返済の取り立てを受けることはありません。このため質屋からお金を借りた本人は、痛手を受けることはないのです。