収入ではなく誠実さという『信頼』を担保にお金を借りる

現在無職と言う事ですが、この世の借金というものは大体『返済見込みがあるかないか』で可否が決定します。

無職ですと収入が無く、この返済見込みが絶望的という事になるので一般的な場所での借金は不可能でしょう。
返せないのを承知で貸して、後で親類縁者から金を毟り取ってやろうという連中からは借りられるでしょうが、それでは解決になりませんね。

 

収入を担保に出来ないならば、何を担保にすればいいのか。
手元に担保に出来るものがないならば、形の無い物を担保にするしかありません。

 

借りる先を選ばないのであればここは一つ、両親が御健在なら頭を下げて見てはいかがでしょうか。

親に泣き付くのは情けないものがありますが、プライドだけで事態は解決しません。

 

どんな状況であっても、最後には助けてくれるのが親と言うものです。

我が子の困っている様子を見れば、きっと救いの手を差し伸べてくれる筈です。その『無償の愛』を頼りに借金をするのです。
また、親類からの借金であれば相手も利息を取ろうとは思わないでしょう。これは普通の借金には無い大きなアドバンテージです。

 

また、貴方が普段から誠実な人物であれば、親類だけでなく親しい友人から借りると言う選択肢も出てくるでしょう。

収入ではなく誠実さという『信頼』を担保にお金を借りるのです。

『こいつは絶対に借金を踏み倒したりしない』という人物である信頼があれば借りられるのではないでしょうか。当人の懐に余裕がある事が前提ですが。

 

ただ、全ての場合において借金を必ず返済する事が大事です。そうでなければ信頼を失い、借金をするどころか親子関係や交友関係まで失いかねません。
親しき仲にも礼儀あり、何があっても借金は返さなくてはならない物であると肝に銘じておきましょう。