漁師さんでも銀行などでお金を借りられる

漁師さんは魚を捕って来てそれを販売して生計を立てていますが、最も大変なのは設備です。船や装備は大変高価ですので多くの人がローンを組んで購入していると言われています。

 

そんな漁師さんが漁獲高を増やすために新しくローンを組んで設備を増強しようとするときどこでお金を借りるのか、という問題があります。こう言うときは多くの人が銀行や漁協からお金を借りて設備を導入しています。特に漁協は漁師に対しては融資のノウハウがありますのでしっかり相談に乗ってくれると思います。

 

また銀行は大きな設備を導入する人にしか融資しない傾向がありますが、地元の信用金庫などは融資してくれますので聞いてみてください。肝心の金利ですが、最近の低金利のおかげで1パーセント台で貸してくれると思いますので、かなり借りやすいと思います。

 

しかし今現在借金がある人には銀行や農協はなかなか融資をしてくれませんのでそれを返済してから借りることになると思います。

 
中には消費者金融などでお金を借りる人がいると言われていますが、消費者金融は利息がとても高いのでできるだけ借りない方が良いと思います。消費者金融の利息は15パーセント以上とかなりの高金利で知られています。

 

今借りている借金に加えてダブルパンチになりますのでまずは借金を返済しましょう。また現在の金利が高い時は銀行などと交渉して金利を下げてもらう努力もしましょう。少しでも返済気軽くする努力が重要です。